ウォーターサーバー入門~身体の中の水の役割とは👮🆘~

ウォーターサーバー入門~身体の中の水の役割とは👮🆘~

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

 

🆘水分は身体にどんな影響を与えているの?

🆘水を飲んでの健康効果は?

🆘そもそも、水は、どのくらい飲めばよいの?

 

私たちの身体は、約60%が水分でできています。水分は、私たちの健康や生命にとって欠かせないものですが、その役割はどのようなものでしょうか?

それでは参ります。

 

★①身体の中の水分の役目

★②水の1日の摂取量の目安

★③まとめ

 

★①身体の中の水分の役目

🚓栄養素や老廃物の運搬

水分は、血液やリンパ液などの体液の主成分です。水分に溶けた栄養素や酸素は、血液によって全身に運ばれます。また、水分に溶けた老廃物や二酸化炭素は、血液や尿によって体外に排出されます。水分が不足すると、血液の流れが悪くなり、栄養不足や老廃物の蓄積などの問題が起こります。

 

🚓体温調節

水分は、体温を一定に保つために重要な役割を果たしています。水分は、皮膚から汗として分泌されることで、体温の上昇を防ぎます。汗は、水分が蒸発するときに熱を奪うことで、体温を下げる効果があります。水分が不足すると、汗の量が減り、熱中症などの危険性が高まります。

 

🚓体液の性質や状態の調整

水分は、体液の性質や状態を一定に保つために必要です。体液には、酸性度や塩分濃度などの性質があります。これらの性質は、体内で起こる化学反応や物理反応に影響を与えます。例えば、血液の酸性度は、酸素の運搬や呼吸の調節に関係しています。水分は、これらの性質を適切な範囲に保つことで、体の機能を正常に維持します。水分が不足すると、体液の性質や状態が乱れ、新陳代謝や免疫などの障害が起こります。

 

★②水の1日の摂取量の目安は

水の1日の摂取量の目安は、体重1kgあたり30ml~40mlと言われています。

例えば、体重60kgの人なら、1.8L~2.4Lの水分を摂取する必要があります。ただし、これはあくまで平均的な数値であり、運動や気温などによって変わります。

 

水分不足は、脱水症や熱中症などの健康障害を引き起こす可能性がありますので、こまめに水分補給をすることが重要です

 

まとめ

今回は、身体の中の水分の役割について説明しました。

水分は、私たちの健康や生命にとって欠かせないものです。水分が不足すると、さまざまな症状や病気の原因となります。

逆に、水分が過剰になると、水中毒という状態になり、体内の塩分濃度が低下して、意識障害やけいれんなどの危険な症状が起こります。水分の摂取量は、個人差や季節や活動量などによって異なりますが、一般的には、1日に約2リットル程度が目安とされています。水分の摂取は、喉の渇きを感じる前にこまめに行うことが大切です。また、水分の摂取は、水だけでなく、食物や飲料などからも行えます。水分の摂取は、私たちの健康や生命を守るために重要なことです。水分の摂取を意識して、健康的な生活を送りましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。次回は、水とダイエットの関係についてのせます。

ウォーターサーバー入門~世界の水事情~👮‍♀️🆘

ウォーターサーバー入門~世界の水事情~

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮‍♀️🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

🆘日本の水は、綺麗なの?

🆘汚染水ってなに?

🆘海外と日本の水は全然違うの?

 

水は私たちの生活に欠かせないものですが、世界には水に関するさまざまな問題があります。このブログでは、世界の水不足、世界の汚染水、日本と世界の水の違いについて紹介します。それでは参ります。

 

★①世界の水不足

★②世界の汚染水

★③日本と世界の水の違い

 

 

★①世界の水不足

地球上の水の約97%は海水で、淡水は約3%しかありません。そのうち、氷河や雪、地下水などに固定されている水は約2.5%で、利用可能な水は約0.5%に過ぎません。この限られた水を、人口増加や経済発展、気候変動などの要因で、世界中の人々が必要としている量を供給しにくくなってきています。

世界保健機関(WHO)によると、世界の約29%の人口は安全な飲料水を利用できない状況にあります。また、世界の約40%の人口は水不足に悩まされており、その数は2030年には約50%に増えると予測されています。水不足は、食糧生産や衛生環境、健康や教育、経済や平和など、人間の生活のあらゆる面に影響を及ぼします。

🆘日本は、世界の中では、綺麗なお水を入手しやすい恵まれた国です。

 

★②世界の汚染水

水不足だけでなく、水の質も世界的な問題になっています。工業や農業、都市化などによって、水はさまざまな汚染物質によって汚されています。

WHOによると、世界の約55%の人口は安全な衛生施設を利用できない状況にあります。その結果、毎年約20億人が汚染水による病気にかかり、約170万人が死亡しています。特に、子どもや貧困層、女性や少数民族などの人達が、汚染水の影響を受けやすいです。

汚染水は、人間の健康だけでなく、生態系や生物多様性にも悪影響を与えています。

例えば、プラスチックや化学物質などの水中のごみは、海洋生物にとって大きな脅威となっています。また、肥料や排水などに含まれる窒素やリンなどの栄養塩は、水中の酸素を減らし、水生生物の死滅や赤潮などの現象を引き起こします。

🆘汚染水の問題は、各個人が、向き合っていかなければいけない問題です

 

★③日本と世界の水の違い

日本は、水の豊かな国として知られています。日本の年間降水量は約1700ミリメートルで、世界平均の約900ミリメートルの約2倍です。また、日本の水道水は、世界でも最も高い水質基準を満たしており、本来であれば、ほとんどの場所で安心して飲むことができます。日本の水道水の安全性は、水源の保護や水処理技術、水道管の管理などによって確保されています。

それでも、飲み水としては、懸念されており、ウォーターサーバーや、市販のペットボトルの水を飲むことが、一般的になってきています。このことからも、世界の中で、日本が、水に恵まれている国だということが、容易に想像できます。

 

しかし、日本も水に関する問題に無縁ではありません。例えば、日本の水資源の約70%は農業に使われており、そのうちの約40%は無駄になっています。また、日本の水道水は、水道料金の安さや水道管の老朽化などの理由による、水漏れや、必要以上の水の使用などによって約10%が失われています。さらに、日本の水環境は、下水道の普及率の低さや河川の護岸化などによって、生態系や景観に悪影響を与えています。

これらのことから、日本も、水とのかかわり方を、考える必要があるといえます。

🆘日本は、水に恵まれている国なので、水の大切さを感じるのは難しです。しかし、着実に、地球環境に悪影響を及ぼしているのも事実といえます。

 

まとめ

今回は、世界の水事情について載せました。

水は私たちの生活に欠かせないものですが、世界には水に関するさまざまな問題があります。私たちは、水不足や汚染水などの問題に対して、自分たちの行動や意識を改める必要があります。

また、日本は水の豊かな国ですが、水の有効利用や水環境の保全にも努める必要があります。水は私たちの貴重な資源です。私たちは、水を大切にし、次の世代にも水を残すことができるように、水の事情について考えることが大切です。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。次回は、身体のなかの水分の役割について、載せます。

ウォーターサーバー入門~赤ちゃんの育児に便利な理由~👮🆘


ウォーターサーバー入門~赤ちゃんの育児に便利な理由~
👮🆘

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

🆘ママ友が、最近、ウォーターサーバーを契約したのはなぜ?

🆘赤ちゃんがいる家庭には、ウォ-ターサーバーはあると便利?

🆘ウォーターサーバーの水は、赤ちゃんの身体に良いの?

 

近年、赤ちゃんがいる御家庭で、ウォーターサーバーを使用している方が、増えてきています。一番の理由は、利便性が高いということです。

今回は、ウォーターサーバーが赤ちゃんの育児に便利な理由を載せました。

赤ちゃんがいる方や、これから出産予定の方は、参考にしてみて下さい。それでは参ります。

★①ウォーターサーバーが赤ちゃんの育児に便利な理由

★②赤ちゃんの飲み水としての利便性が高い理由

★③赤ちゃんのお水の手配が簡単

 

 

★①ウォーターサーバーが赤ちゃんの育児に便利な理由

赤ちゃんの育児には、水分の摂取がとても重要です。赤ちゃんは大人よりも水分の割合が高く、体重の約70%が水分で構成されています。

水分は、体温の調節、血液の循環、消化の促進、老廃物の排出、免疫力の向上など、多くの生命活動に関与しています。水分不足になると、脱水症状や便秘、発熱、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。

 

さらに、赤ちゃんに水分を与えるときには、水の質や量にも気を付けなければなりません。水道水は、塩素や重金属、細菌などの有害物質が含まれている可能性があります。また、水道水は硬水であることが多く、赤ちゃんの腎臓に負担をかけることもあります。水道水を赤ちゃんに与える場合は、必ず沸騰させて、その後、冷ましたり、浄水器でろ過したりするのが必要です。

これらの方法には、時間や手間が掛かったり、水の味や栄養が変わったりする場合があります。

そこで、赤ちゃんの育児に便利なのが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、天然水やミネラルウォーターを専用のボトルに入れて、常温や冷たい、温かい水として出すことができる機器だからです。

時間がかからず、手間もかからず、安全なお水を赤ちゃんが飲める。これらの要因から、ウォーターサーバーは、赤ちゃんのいる家庭で人気があります。

 

🆘赤ちゃんを育てるのに、保護者の方は、いつも以上に神経をつかいますので、お水が飲み水として、赤ちゃんに案心して与えられることで気持ちの面で、とれも楽になれます🆘

 

★②赤ちゃんの飲み水としての利便性が高い理由

水の質が高い

ウォーターサーバーの水は、厳しい基準をクリアした安全な水です。塩素や重金属、細菌などの有害物質は一切含まれていません。また、水の味や栄養も保たれています。赤ちゃんに与える水として最適です。

水の温度が選べる

ウォーターサーバーは、常温や冷たい水、温かい水として出すことができます。赤ちゃんの好みや季節に合わせて、水の温度を調節できます。また、温かい水は、ミルクや離乳食を作る際にも便利です。

水の量が分かる

ウォーターサーバーのボトルは、水の量が一目で分かるようになっています。赤ちゃんにどのくらいの水を与えたか、また、水の在庫がどのくらい残っているか、確認でき、水の管理がしやすくなります。

🆘いつでも、すぐに、適温の水が出せるので、粉ミルクを与えるときや、離乳食を与える時に、重宝します🆘

 

★③赤ちゃんのお水の手配が簡単

赤ちゃんを育児しながらの買い物などに出かけるのは、大変なことが多いです。赤ちゃんに気を配りながらの外出は、一人で出かけるよりも、時間や労力が、かかります。くわえて、市販のお水を購入して帰宅するとなると、さらに大変です。

 

ウォーターサーバーを導入すると、お水の購入にかかる時間や労力を減らすことができます。まず、ウォーターサーバーの水は、定期的に配達してもらえます。これにより水の買い出しや運び込みの手間がなくなります。

また、水の種類や量も自由に変更できますので、赤ちゃんの成長に合わせて、水の契約プランを調整できます。これにより、無駄な水の購入を、防ぐことができます。

 

🆘定期的にお水が宅配されるので、赤ちゃんの飲み水がなくなる心配はありません。また、お水を買いに行く負担もなくなるので、心と時間に余裕ができます。

 

まとめ

今回は、ウォーターサーバーが赤ちゃんの育児に便利な理由について載せました。ウォーターサーバーは、赤ちゃんの育児にとって、水分の摂取を快適にサポートする機器です。水の質や量、温度、配達など、さまざまな面でメリットがあります。赤ちゃんの健やかな成長のために、ウォーターサーバーを活用してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。次回は、世界のお水情報を載せます。

🆘2024.01.12👮‍♀️おすすめのウォータサーバー🆘

ウォーターサーバー入門~子供に水分が必要な理由~👮🆘

ウォーターサーバー入門~子供に水分が必要な理由~👮🆘

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

🆘子供には1日どれくらいの水分が必要?

🆘子供に与える飲み物は何が良いの?

🆘与えてはいけない飲み物もあるの?

 

今回は、子供への水の適切な与え方について載せました。それでは参ります。

★①子供の体内の水分量

★②子供は脱水症状になりやすい

★③子供の水分補給とオススメの飲み物

 

★①子どもの体は水分でできている

私たちの体は約60%が水分でできていますが、子どもの場合はさらに高く、体重の65%~70%が水分だと言われています。

水分は、血液やリンパ液の流れをスムーズにし、細胞の代謝や成長に必要な栄養素や酸素を運んだり、老廃物や二酸化炭素を排出したりする役割を果たしています。また、体温調節や免疫機能にも関係しています。

子どもは新陳代謝が活発で、細胞分裂や成長ホルモンの分泌が盛んです。そのため、水分の消費量も大人より多く、一日に体重1kgあたり90~100mlの水分が必要とされています。逆に言えば、少しの水分不足でも、体に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

 

★②子どもは脱水症になりやすい

ここでは脱水症について簡単に説明します。

🚓脱水症とは

体内の水分が不足して、血液や体液の量や濃度が異常になる状態のことです。脱水症になると、頭痛やめまい、吐き気や嘔吐、下痢や便秘、疲労感や倦怠感、集中力や判断力の低下などの症状が現れます。重症化すると、ショックや昏睡、死に至ることもあります。

子どもは脱水症になりやすいと言われています。その理由は、以下のようなものが挙げられます。

🚓細胞外液の量が多い

細胞外液とは、血液やリンパ液など、細胞の外にある水分のことです。子どもは細胞外液の割合が大人より高く、汗や尿などで失われる水分のほとんどが細胞外液から始まります。そのため、水分の入れ替わりが激しく、少量の水分喪失でも脱水症になりやすいのです。

🚓不感蒸泄が多い

不感蒸泄とは、呼気や皮膚から自然に失われる水分のことです。子どもは不感蒸泄の量が大人より多く、体重1kgあたり25mlもの水分が失われると言われています。これは、大人の約2倍です。

🚓腎臓の機能が未熟

腎臓は、体内の水分や電解質のバランスを調整する臓器です。子どもの場合、腎臓の機能が未発達で、水分や電解質の再吸収が十分に行われないため、尿とともに水分や電解質が失われやすいのです。

🚓口渇感覚が鈍い

口渇感覚は、脳の中にある口渇中枢という部分が感じるものです。子どもの場合、口渇中枢の発達が不十分で、水分不足になっても自覚しにくいと言われています。そのため、水分補給のタイミングを見誤りやすいのです。

★③子どもの水分補給の方法とおすすめの飲み物

子どもにとって水分補給は、命の維持や健康のために欠かせません。では、どのように水分補給をすればよいのでしょうか。ここでは、子どもの水分補給の方法とおすすめの飲み物について紹介します。

🚓水分補給の方法

口が渇く前に飲む

口が渇くというのは、すでに水分不足が進行しているサインです。そのため、口が渇いてからではなく、予防的に水分補給をすることが大切です。特に、暑い日や運動する前後、入浴前後、寝る前や起きた後などは、水分補給を心がけましょう。

少量をこまめに飲む

一度に大量に飲むと、胃液が薄まって消化不良を起こしたり、腎臓に負担をかけたりする可能性があります。また、必要以上の水分は尿として排出されてしまいます。そのため、一度に飲む量はコップ1杯程度にして、20~30分おきにこまめに飲むようにしましょう。

食事と一緒に飲む

食事と一緒に水分を摂ることで、水分の吸収がスムーズになります。また、食事に含まれる水分も水分補給に役立ちます。特に、スープや汁物、野菜や果物などは、水分だけでなく、電解質やビタミンなども含んでいます。食事の際には、水分と栄養素の両方をバランスよく摂るようにしましょう。

 

🚓おすすめの飲み物

æ°´

水は、水分補給に最適な飲み物です。カロリーや添加物がなく、体に負担をかけません。また、水は、体内の水分や電解質のバランスを整える働きがあります。水は常温かぬるま湯がおすすめです。冷たい水は、胃腸の働きを低下させたり、体温を下げたりする可能性があります。

🚓おすすめしない飲み物

炭酸飲料やコーヒー

炭酸飲料やコーヒーは、水分補給に適していません。炭酸飲料は、糖分や添加物が多く、カロリーやインスリンの上昇、歯の損傷などのリスクがあります。コーヒーは、カフェインの含有量が高く、子どもには刺激が強すぎます。

また、炭酸飲料やコーヒーは、利尿作用があり、水分の排出を促すことで、かえって脱水症を悪化させる可能性があります。そのため、子どもには炭酸飲料やコーヒーを飲ませないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、子どもにとって水分がなぜ必要なのか、どのように補給すべきなのかについて載せました。子どもの体は水分でできており、水分不足になると、体に様々な影響を及ぼします。そのため、子どもには、口が渇く前に、少量をこまめに、食事と一緒に、水などのおすすめの飲み物を飲ませるようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。また、次のブログでお会いしましょう。

🆘2024.01.11現在👮‍♀️おすすめウォーターサーバー🆘

ウォーターサーバー入門~一人暮らしの方の選び方~👮🆘


ウォーターサーバー入門~一人暮らしの方の選び方~

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

 

 健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

 

 今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

🆘一人暮らし始めるのに、ウォーターサーバーはあったら便利?

🆘そもそも一人暮らしで、ウォーターサーバーは必要?

🆘一人暮らし用のウォーターサーバーはあるの?

 

今回は、一人暮らしの方がウォーターサーバーの契約を考えているけど、選ぶ機種を悩んだり、いくらぐらいで契約するのが妥当かわからない方の手助けをできればと考えています。それでは参ります。

 

★①一人暮らしでのウォーターサーバーのメリット

★②一人暮らしでのウォーターサーバーのデメリット

★③一人暮らしでウォーターサーバーの機種を選ぶポイント

 

★①一人暮らしでのウォーターサーバーを選ぶメリット

🚓重い水を運ばなくて良い

ウォーターサーバーの水は、一般的に10リットルから20リットルの容器に入っています。これをスーパーやコンビニで購入すると、重くて運ぶのが大変です。しかし、ウォーターサーバーを利用すれば、配送してもらえるので、重い水を運ぶ必要がありません。また、空になった容器も回収してもらえるので、ゴミの処理も楽になります。

🚓体調不良の際に役立つ

ウォーターサーバーは、常に稼働しているので、発熱や頭痛などで体調がすぐれないときには、とても便利です。

一人暮らしですと、体調を崩した際に、飲料をコンビニやスーパーへの買い物に行くのも大変です。日本では、Uber Eatsなどの自宅への宅配サービスが流行り始めましたが、体調を崩している時は、注文をして、玄関まで取りに行くのも大変です。

その点、ウォーターサーバーは冷水から白湯まで、自分の体調にあわせた適温の水分利用が、いつでもできます。また、ウォーターサーバーがあれば、お湯を必要とするインスタント食品も、いつでも食べられます。以上のことから、一人暮らしのときの体調不良の際には、とても約立ちます。

 

🚓重い水を運ばなくて良い

一人暮らしのときに、ウォーターサーバーが自宅にあると、水を買いに行かないですみます。皆さんも、経験あるとおもいますが、スーパーやコンビニで売られている水を購入して、自宅に戻るのは、大変だと感じたことはありませんか?

一人暮らしですと、自分で運ばなければいけない場合が多いので、重いものを運ぶのが苦手な方は、大変です。また、自宅のお水が、なくなってしまった際に、その都度、自分で購入しに行かなければならないので、時間がとられてしまいます。

ウォーターサーバーがあれば、ボトル型でも浄水型でも、常にお水が自宅にある状態になるので、重い水を運ぶ大変さと、都度お水を購入しにいく時間がかかりません。

 

 

★②ウォーターサーバーのデメリット

🚓費用がかかる

ウォーターサーバーを利用するには、費用がかかります。月々3000円~5000円程度の出費が発生します。電気代や、ガス代と同じような感覚での支払いになりますので、一人暮らしの人にとっては、負担になるかもしれません。

🚓スペースが必要

ウォーターサーバーは、機器自体が大きく、容器もかさばります。1人暮らしの人は、部屋が狭いことが多いので、ウォーターサーバーを置くスペースがないかもしれません。また、ウォーターサーバーは、コンセントが必要なので、電源の場所にも制限があります。ウォーターサーバーを置く場所を確保するのは、意外と大変です。

 

★③一人暮らしでウォーターサーバーの機種を選ぶポイント

🚓月々の費用

ウォーターサーバーの利用には、水代やサーバー代、電気代などの費用がかかります。一人暮らしの場合、水の消費量が少ないとコスパが悪くなる可能性があります。水の値段やサーバーのレンタル料、注文ノルマの有無などを比較して、自分の予算に合ったウォーターサーバーを選ぶことが重要です。

🚓ウォーターサーバーのサイズ

ウォーターサーバーは設置するスペースを必要とします。一人暮らしの部屋は狭いことが多いので、サーバーのサイズや形状にも注意が必要です。床置き型よりも卓上型の方がコンパクトで場所を取りません。

また、ボトル型ウォーターサーバーの場合は、上部に差し込むタイプよりも下部に設置するタイプの方が、ウォーターサーバー全体の高さが低く、天井の高さにも影響されにくいです。

🚓水の交換方法

ウォーターサーバーの水は定期的に交換する必要があります。

一人暮らしの場合、ボトル型ウォーターサーバーを利用のときは、水の受け取りや、からボトルの返却などを自分でやらなければいけないので、ボトルの受け渡しの時間を、メーカーや宅配業者の人との打ち合わせが重要になります。

ボトル受け渡しの対応が大変な場合は、浄水型ウォーターサーバーを選ぶのが良いです。水道水を注ぐだけで利用できるので、水の交換にかかる、時間や手間を減らすことができます。

 

まとめ

以上が、私が1人暮らしの人にとってウォーターサーバーを使用するメリットとデメリットについて、私の経験をもとにお話しした内容です。

ウォーターサーバーは、水の味や温度、運ぶ手間などの面ではメリットが多いですが、費用やスペースなどの面ではデメリットもあります。1人暮らしの人は、自分のライフスタイルや予算に合わせて、ウォーターサーバーを利用するかどうかを検討してみてください。自分にとって最適な水の選び方を見つけてください。

    🆘2024.01.11👮‍♀️最新おすすめボトル型ウォーターサーバー🆘                                                          

ウォーターサーバー入門~契約費用~浄水型編👮🆘


ウォーターサーバー入門~契約費用~浄水型編

こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

 健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

 今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

 

🆘浄水型ウォーターサーバーを使うのに、月々、いくらぐらいかかるの?

🆘浄水型ウォーターサーバーを利用するのに、何でお金かかるの?

🆘浄水型ウォーターサーバーは電気代にお金が凄くかかるのでは?

 

今回は、浄水型ウォーターサーバーの契約を考えているけど、実際には月々、どのくらいのお金がかかるか知りたい、いくらぐらいで契約するのが妥当だかわからない、などで悩んでいる方の手助けをできればと考えています。それでは参ります。

 

 

★①浄水型ウォーターサーバーでかかる費用一覧

★②浄水型ウォーターサーバーでかかる費用詳細

★③浄水型ウォーターサーバー初期費用と解約費用

 

★①浄水型ウォーターサーバーでかかる費用

ウォーターサーバーといえば、天然水やミネラルウォーターを宅配してもらう宅配型が一般的ですが、近年では、水道水を浄水にして使える浄水型ウォーターサーバーも人気が出てきています。ここでは、浄水型ウォーターサーバーにかかる費用を紹介します。

 

A水道水の水使用量の料金(月額約100円)

Bサーバーレンタル料・フィルター交換量(月額3000~4000円)

C電気代(月額400~800円)

🆘固定費用として合計すると、基本的には3000~5000円が一般的です。水道代や電気代によって多少のバラツキはでますが、このぐらいの金額です。ボトル型ウォーターサーバーと比べても、一般的には浄水型のウォーターサーバーの方が費用は抑えられます。(契約によっては、ボトル型ウォーターサーバーの方が抑えられる場合もあります)

A~Cについて詳しく説明していきます。

 

★②浄水型ウォーターサ-バーでかかる費用詳細

🚓水道水の水使用量の料金

浄水型ウォーターサーバーの利用には、自宅の水道水を浄水して利用するため、水道水を使用した分の料金が、水道代金に加わります。

御家庭の一般的な水道水の料金設定は、1リットルあたり約0.3円なので、浄水型ウォーターサーバーの水代は月額100円程度になります。

🆘御家庭で、水をたくさん飲まれる場合は、浄水型ウォーターサーバーの方が

費用を抑えられます。

 

🚓サーバーレンタル料・フィルター交換料

浄水型ウォーターサーバーのサーバー本体は、ボトル型のウォーターサーバーと同様で、ほとんどの場合、レンタルする形で提供されます。サーバー本体のレンタル料金は月額3000円~4000円になります。

また、浄水型ウォーターサーバーは、フィルターで水道水を浄化して利用するので、フィルターは定期的に交換する必要があります。フィルターの交換頻度や費用は、商品によって異なりますが、一般的には三ヶ月~半年に一回で、約3,000円程度かかりますが、最近ではサーバー本体のレンタル料金に含んでいるメーカーさんが多い為、交換の際に費用が掛からないのが一般的です。

🆘フィルターの交換作業は、簡易的な使用になっているので、簡単に交換できます。ゴミとしても、ほとんどのものが燃えるごみとして処分できるため、手間がかかりません

🚓電気代

浄水型ウォーターサーバーは、冷水や温水を作るために電気を消費します。電気代は、商品や使用量によって異なりますが、一般的には月額400円~800円程度かかります。

🆘ウォーターサーバーの使用頻度や使用方法にもよりますが、一般的には、ボトル型のウォーターサーバーと比べて、浄水型ウォーターサーバーの方が、省エネ設計されている為、20%程度、電気代が抑えられます。

 

★③浄水型ウォーターサーバー初期費用と解約費用

🚓初期費用

初期費用は、0円~10000円になります。浄水型ウォーターサーバーを契約する際に発生する費用です。初期費用には、サーバーの設置費用や、水道直結タイプのウォーターサーバーをレンタルした際に、設置工事が必要になるため、その費用などが含まれています。

🆘初期費用は、水道直結タイプのウォーターサーバーを選ぶと費用が発生しますが、一般的な浄水型ウォーターサーバーを契約する際には無料なメーカーさんもあります。

 

🚓解約費用

解約費用は、ウォーターサーバーを解約する際に発生する費用です。解約費用には、サーバーの回収費用や、契約期間内の解約による違約金が含まれます。解約費用は、ウォーターサーバーの会社や契約期間によって異なりますが、一般的には0円~50,000円程度です。解約費用は、ウォーターサーバーの利用費用の中で最も予測しにくい負担となるので、契約する前に確認することが大切です。

 

🆘浄水型ウォーターサーバーの契約だと2~5年の契約が一般的であり、ボトル型ウォーターサーバーより契約期間が、多少長いイメージがあります🆘

 

結びに

今回は浄水型ウォーターサーバーに掛かる費用を説明させて頂きました。

固定費用としてサーバー本体のレンタル料、水道水の使用料、電気代がかかります。また、一時金として、初期費用と解約費用が必要になる場合もあります。

これらの金額の上下に関連しているのは、サーバーの種類や機能、契約期間などの要因が影響します。

ウォーターサーバーを利用する際には、自分のニーズや予算に合ったウォーターサーバーを選ぶことが重要です

次回は、一人暮らしの方向けのウォーターサーバーについて説明させて頂きます。

          🆘おすすめボトル型ウォーターサーバー🆘

ウォーターサーバー入門~契約費用~ボトル型編👮‍♀️🆘


こんにちは。健康に関する仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

今回はウォーターサーバーの契約を考えている、次のような方にむけて書きました。

🆘ウォーターサーバーを使うのに、月々、いくらぐらいかかるの?

🆘ウォーターサーバーを利用するのに、何でお金かかるの?

🆘電気代にお金が凄くかかるのでは?

 

今回は、ウォーターサーバーの契約を考えているけど、実際には月々、どのくらいのお金がかかるか知りたい、いくらぐらいで契約するのが妥当だかわからない、などで悩んでいる方の手助けをできればと考えています。それでは参ります。

 

今回は、ボトル型のウォーターサーバーに関する費用を載せます。次回のブログで、浄水型ウォーターサーバーでかかる費用一覧を載せさせて頂きます。

 

★①ボトル型ウォーターサーバーでかかる費用一覧

★②ボトル型ウォーターサーバーでかかる費用詳細

★③ボトル型ウォーターサーバー初期費用と解約費用

 

★①ボトル型ウォーターサーバーでかかる費用

ウォーターサーバーは、家庭やオフィスで美味しい水を手軽に飲める便利なアイテムです。しかし、ウォーターサーバーを利用するには、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか?ウォーターサーバーに掛かる費用は、主に以下の4つの要素に分けられます。

 

ボトル型ウォーターサーバーでかかる費用

A水のボトル代(2500~5000円)

Bサーバーレンタル料・サポート料(1000~2000円)

C配送料(200~1000円)

D電気代(500~1000円)

🆘基本的にはトータルで3000円~5000円が一般的です。特別な性能があるサーバーや、配送料や電気代の違いなどで価格の変動はありますが、それ以外はA~Bの価格を、各メーカーがバランスよく調節しているので、トータルすると、どのメーカーも同じくらいの金額になることがほとんどです🆘

 

A~Dについて詳しく説明していきます。

 

★②ボトル型ウォーターサーバーでかかる費用詳細

🚓水のボトル代

ボトル型ウォーターサーバーの利用には、水のボトル代が必ずかかります。

水の注文数が月契約であることが多く、1カ月最低24L(12L×2本)となっている場合が多いです。24Lの水の値段は安いもので2000円台、高くなると4000円後半となっています。水の種類によっても値段が変わり、天然水のほうがRO水より高いことが多いです。

🆘メーカーによっては、水のボトルが余っているときは、次の月の配送を止めることができる場合もあります。もちろん止めた月のボトル代はかからないので、費用を抑えることができます🆘

 

🚓サーバーレンタル料・サポート料

ウォーターサーバーのサーバー本体は、ほとんどの場合、レンタルする形で提供されます。サーバー本体のレンタル料は、サーバーの種類や機能によって異なりますが、一般的には月額1,000円~2,000円程度です。

サーバー本体のレンタル料は、ウォーターサーバーの利用費用の中で、大きな割合を占めるので、比較検討する際には重要なポイントです。

高性能なものやおしゃれなものは費用がかかることが多いです。

また、ウォーターサーバーの定期メンテナンスを行うメーカーが多く、サポート料を請求される場合もあります。サーバーレンタル料とサポート料が一緒になっているメーカーがほとんどです。

🆘一般的には、故障した場合のサーバー交換などは無料の場合がほとんどで、定期メンテナンスも無料なところがほとんどです🆘

 

 

 

 

🚓配送料

配送料は水を配達する料金です。配送料無料のウォーターサーバーは多くなっていますが、採水地から遠いほど高くなります。一回の配達24L(12L×2)で値段は200円~1000円が目安です。

北海道・沖縄・離島は特別に配送料が必要な場合や高くなることがあるので注意しましょう。

🆘関東地方あたりですと、交通のライフラインの利便性から無料配送が多いです🆘

 

🚓電気代

ウォーターサーバーは24時間電源を入れるので、電気代もかかります。サーバーの種類で電気代の値段も変わってきます。1ヶ月1000円前後が目安で節電モードがある場合は500円くらいのものが多いです。

🆘省エネ機能の有無は、サーバーの電気代を節約できるかどうかでポイントになります。省エネ機能があるサーバーは、使用しない時間帯には電源を切ったり、温度を下げたりすることで、電気代を抑えることができます🆘

 

  

★③ボトル型ウォーターサーバー初期費用と解約費用

ウォーターサーバーに掛かる費用の中で、最も見落としがちなのが、初期費用と解約費用です。順に説明します。

🚓初期費用

初期費用は、ウォーターサーバーを契約する際に発生する費用です。初期費用には、サーバーの設置費用や初回の水の料金などが含まれます。初期費用は、ウォーターサーバーの会社やプランによって異なりますが、一般的には0円~10,000円程度です。

🆘初期費用の中の、サーバーの設置費用は、水素水サーバーなどの特殊なものは値段が高く、一般的なウォーターサーバーでは設置費用は無料が多いです🆘

 

🚓解約費用

解約費用は、ウォーターサーバーを解約する際に発生する費用です。解約費用には、サーバーの回収費用や残りの水の費用などが含まれます。解約費用は、ウォーターサーバーの会社や契約期間によって異なりますが、一般的には0円~20,000円程度です。解約費用は、ウォーターサーバーの利用費用の中で最も予測しにくい負担となるので、契約する前に確認することが大切です。

🆘ボトル型ウォーターサーバーの契約だと2~3年の契約が一般的であり、契約期間の残りの年数が減るほどに解約金も減額されていくのがほとんどです🆘

2023年12月現在 おすすめボトル型ウォーターサーバー

結びに

今回はボトル型ウォーターサーバーに掛かる費用を説明させて頂きました。

固定費用としてサーバー本体のレンタル料、水の料金、配送料、電気代がかかります。また、一時金として、初期費用と解約費用が必要になる場合もあります。

これらの金額の上下に関連しているのは、サーバーの種類や機能、水の種類や容量、配送エリアや頻度、契約期間などの要因が影響します。

ウォーターサーバーを利用する際には、自分のニーズや予算に合ったウォーターサーバーを選ぶことが重要です

次回は、浄水型ウォーターサーバーに掛かる費用を説明させて頂きます。