ウォーターサーバー入門~飲料水の選び方~👮‍♀️🆘

「家の飲み水どうしよう?」

「水道水は飲んでいても大丈夫かな・・・?」

 

自宅でお水を飲むときに、皆さんは何で飲まれていますか?

最近はウォーターサーバーを使用して飲む人や、ネット通販などペットボトルの水を購入して飲むなど、仕入れ方も多種多様になりました。

 

飲み水を入手方法を選ぶのに迷っていませんか?そのようなお悩みがある人にむけて書きました。

 

🆘家族でお水を飲むのは何で飲めば良いの?

🆘飲み水の購入方法によって値段ってそんなに違うの?

🆘一人暮らしの飲み水どうしよう?

 

こんにちは。健康に関するの仕事について15年のウォーターサーバー官👮🆘です。

健康に関する仕事をするなかでウォーターサーバーを知る機会があり、今では自宅に2台保有するウォーターサーバーマニアです。

 

今日は、飲み水の購入手段について考えてみたいと思います。飲み水は私たちの生活に欠かせないものですが、皆様はどのようにして手に入れてますか?

私は、名前のとおりウォーターサーバーですが、一概にそれが良いわけではありません。

今回は一般的に多くの人が選択している以下の3つの方法を中心に説明します。それでは参ります。

 

★①水道水を飲む

★②ペットボトルに入った水を買う

★③ウォーターサーバーを使用する

 

それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。それぞれ比較してみましょう。

 

①水道水を飲む

メリット

水道水を飲む方法は、最も手軽で経済的な方法です。水道水は、日本では厳しい基準に基づいて安全性が確保されています。水道水は、水道管を通して自宅や職場に届けられるので、いつでも好きなだけ飲むことができます。

また、水道水は他の購入方法とは違い、すぐに飲めるので、お金や時間をかけずに飲むには最適な方法です。

デメリット

水道水を飲む方法のデメリットは、水道水の味や臭いが気になる場合があることです。水道水の味や臭いは、水源や水道管の状態によって異なります。水道水の味や臭いが気になる場合は、浄水器やポットなどを使って水を加工する必要があります。これには、初期費用やメンテナンス費用がかかります。

 

👮‍♀️自然豊かで綺麗な川や湖がある地域や、地下水を水源としている地域は、水道水がおいしいと言われているようです👮‍♀️

 

 

②ペットボトルに入った水を飲む

メリット

ペットボトルに入った水を買う方法は、水の種類や味を選べる方法です。スーパーやコンビニなどで手軽に購入できます。ペットボトルに入った水は、天然水やミネラルウォーターなど、さまざまな水の種類があります。

ミネラルウォーターなら、ミネラル分が豊富で体に良い影響が期待できますし、シリカ水なら美容にも効果的です。他にも、数種類の身体によい影響を期待できるお水をペットボトルでなら選択して購入できます。

他にも持ち運びや保存が便利で、いつでもどこでも水分補給ができます。

 

 

デメリット

一番にくるのは、お金がかかるということです。ペットボトルに入った水は、水道水に比べて値段が高く、頻繁に買うと費用がかさみます。

一般的にはペットボトルの水は500mlで100円前後、水道水は500mlで0.1円ほどです。

ウォーターサーバーの水と比較すると、一概に高いとは言えませんが、家族でお水を飲む場合や、夏の暑い時期にたくさん飲む、料理でも頻繁に使うようになるとウォーターサーバーの方が安くなる傾向にあります。

また、ペットボトルに入った水は、環境に悪影響を与える可能性があります。ペットボトルを製造し流通するまでには多くのエネルギーが必要で、CO2の排出量が水道水よりも1000倍も多くなります。

また、プラスチックやアルミニウムなどの資源を消費し、廃棄物として排出されます。ペットボトルは、リサイクルや再利用をすることが望ましいですが、それにもコストや手間がかかるので、結果としてペットボトルのごみが海洋汚染や地下水の枯渇などの問題を引き起こしてしまう可能性があります。

👮‍♀️スーパーやドラッグストアー、コンビニなどで、ミネラルウォーターやアルカリイオン水、シリカ水など多種多様な水が売られているので、自分にあったものを選べます👮‍♀️

 

ウォーターサーバーを使用する

メリット

ウォーターサーバーを利用する方法は、水の品質や温度を保証された方法です。ウォーターサーバーは、専用の容器に入った水を自宅に配送してもらい、サーバーにセットして飲む仕組みです。ウォーターサーバーの水は、天然水やRO水など、高品質な水が多く、味や臭いに優れています。

ウォーターサーバーは、水の温度を調節できるので、冷たい水や温かい水を好みに応じて飲むことができます。温度は80~90度まで上がるものもあるので、お茶や珈琲などの温かい飲み物を飲むにも最適です。

又、最近では浄水型のウォーターサーバーも人気がでています。浄水型は、水導水に含まれる不純物や、塩素、カルキなどを除去することで、注いだ水道水を飲むことができるウォーターサーバーです。

これらのウォーターサーバーの詳細は、別のブログで紹介させて頂きますので割愛します。

 

デメリット

ウォーターサーバーを利用するデメリットとしては、設置スペースが必要なことや、水の宅配時の受け取り、契約・解約条項の確認などの作業に手間がかかることです。

一般的には、横幅が30cm前後、奥行きが35cm前後、高さが50cmから130cm程度です。イメージとしては、6本入りの2Lのペットボトル飲料を立てて並べたものが約3~4ケース積まれている大きさです。卓上のものなどもありますが、設置するにしても少なからず場所は必要になります。

また、ウォーターサーバーは、水の宅配時に受け取らなくてはいけないので、宅配タイミングや宅配方法の調整が必要です。

他にも、ウォーターサーバーは、一般的にはレンタル機器になるので、メーカーさんとの契約をしなければなりません。ネットでの受付か、メーカーさんとの対面での契約となりますが、どちらも手間がかかります。期間や解約条件などの縛りがある場合もありますので注意することも必要になります。

👮‍♀️家族でお水をたくさん飲んだり、料理などにも使う方は、ペットボトルの水などの購入頻度が多くなるので、ウォータサーバーの方がおススメですね。👮‍♀️

結びに

以上が、飲み水の入手方法でした。飲み水の入手方法は、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、家族構成や、飲む量によっても良し悪しは変わってきます。今の自分のライフスタイルや予算に合わせて、最適な方法を選ぶことが大切です。

また、時代が移るにつれて、自然の水の品質や、水道水の品質も多少なりとも変化が生じています。住んでいる地域や自分の生活スタイルの変化に応じて、選ぶものを変えていくことも必要です。

次回は、ウォーターサーバーの種類について載せます。良かったら参考にしてください。それぞれにメリットとデメリットがあります。自分のライフスタイルや予算に合わせて、最適な方法を選ぶことが大切です。

飲み水は、私たちの健康や美容にも影響します。毎日、十分な量の水を飲むことを心がけましょう。